納骨堂はマンションやアパートのようなものです

納骨堂はマンションやアパートのようなものです

以前は亡くなったらお墓に入るのが当たり前と言う感覚がありましたが、最近はそうでもないようです。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
一つには長崎 納骨堂という選択肢があります。
納骨堂とお墓の違いは何かというと、ぶっちゃけスペースの問題があります。
お墓を一戸建ての家に例えるとすれば、納骨堂はマンションやアパートの一室に当たると考えたらわかりやすいかもしれません。
マンションやアパートは同じ建物内に住んでいても、それぞれのプライベートスペースは確保されています。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
納骨堂も同じように遺骨はちゃんと別々に保管されています。
ですから、遺骨を骨壺から出して、一緒に葬る合同墓は納骨堂とは違うものです。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。
因みに合同墓は先ほどの例で例えると、集団で住む寮住まいに相当すると言えるでしょう。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
人間の世界でもマンションやアパートが増えてきているように、亡くなった後の世界でも納骨堂が増えているのは人間の世界を忠実に反映しているように感じます。
生者の世界と死者の世界が同じように対応しているのは面白いですね。