司法書士が関係する借金問題

住宅ローンが残っていても不動産売却は可能

マイホームを購入する場合、住宅ローンを利用するのが一般的です。大事なことだから札幌 家 売却←このサイトです。
なぜなら、よほどの資産家でない限り、数千万円単位のお金を一度に出せないからです。そのようなことから、人が保有している不動産には、抵当権などの担保権が設定されていることも少なくありません。マイホームを購入してから10年以内に住み替えをしたいと考える人も存在します。1人で悩まずに札幌 一戸建て 売却を検索してください!
そのようなとき、住宅ローンが残っている状態で不動産を売却したいと考えますが、そのようなことができるのか気になるところです。

 

住宅ローンが残っていても不動産を売却することは可能です。賢く利用する古い家 売却をご覧ください。
住宅ローンの残債よりも売却価格のほうが大きければ、売却代金の一部を残債の返済に充てることができるからです。センスが光るリノベーション事業で調べてみませんか?
これにより、担保権のない状態の不動産を買主に引き渡すことが可能になります。夢をカタチにするリノベーション パートナー募集を参考にしてください。
この場合、売買による不動産の名義変更の前に住宅ローン完済による担保権の抹消登記手続きを行います。そのため、売主側には2万円程度の登記費用が発生します。