www.cajunclawscrawfish.com
クレジットを店頭において使う場合に誰しも体験したことがあるかと思いますが、店員がわからないためにどの明細をお客様に渡すのかわかっていない時がある。といいますのも、クレジットを処理すると、機械から複数枚の紙というものが出されるためこの明細の中のどちらを客側へ差し出すべきかわかりにくいということがあります。複数枚の紙の正体とは→それではこの3組綴りの利用レシートの内容はどういうものなのかということについてまとめると以下の記載の内容になります。1利用者へ渡す用の使用レシート。2店舗控え用のレシート。3クレジットカード会社控え用明細レシート(記名を書くレシート)。本来は必ず利用者に対して保管して頂く明細を受け取るのだが、時には店舗控え用の明細レシートの方をカード利用者に対して見間違えて渡してしまうパターンや署名した明細レシートを渡すといったパターンなども見受けられる。このようなケースはバイトの人などやクレジットカードが使われない店の会計においてカードを使うとこういったレジ担当者の焦りというものが見れると思います。万が一店舗スタッフが誤った使用明細を渡そうとしてきた暁には、やさしく「こちらは違いますよ」と直してあげてください。