www.cajunclawscrawfish.com
契約店舗で全部のカードが決済できるのではありません。▼カードの加入店は多くの場合、たくさんのクレジットカード運営会社に加盟していますが、残念なことに全ての加盟店で全てのタイプの所有クレジットカードが決済可能なんではありません。古いショップの場合にはJCBマークの書いたそのカードしか切れない場合もあるし最近の商店だったりするとビザやマスターロゴの書いたものしか使えないときもあります。ディスカバーに類するクレカならばさらに決済不可な場面が増えると思います。何のロゴのカードが使用できるかをどこで判断したらいいか?「じゃあいかにしてどのようなクレカが使用できるかを判断したらいいの?」といってみてもちゃんと見るのにはショップの担当者に聞いてみるのみ、ていうのが実のところその答えです。ただし大部分のお店やレストランには加盟店の分かりやすいスペースに決済できるカードのサインが書かれた加盟シールが貼られているため、「そうなんだ、ここのショップはアメリカンエキスプレスカードが切れるのね」といった感じで一目でわかるようになってるから確認しておいていただけると思います。反対に、しっかりと管理が出来ていない店舗で切るときにはシールが掲げられているのに「うちでは××クレカはお使いいただけません」等の返答をもらう場合もあり、頭が真っ白になってしまうことだけは避けたいところです。そこで、可能な限りは十分な数の加盟店でカードが決済できるようにする目的で、異種の印(海外ブランド)がはいった一般的なVASA、アメリカンエキスプレスカード、といったカードを複数枚契約するようにしたほうがいいでしょう(例として:セゾンカードを契約しているなら他方はアメリカンエキスプレスカード付帯のクレジットカードを契約するなど等)。国内使用のみなら、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのマークが入ったクレジットカードをいつも財布に入れておけば間違いなく日本各地の加入店舗でどれかしらのカードを提示するよう準備できていることになります。クレジットカードを使用して有効にスマートな支払いを目標とするのであれば、きっちりと別々のクレジットカードを所有しておいて損はないでしょう。