www.cajunclawscrawfish.com
クレジットカードを店舗等にて使う時に一度は感じたことがおありかと察しますがレジのスタッフが不慣れなためどちらの紙を客へ渡したら良いのか迷うときがあるはずです。というのも、クレジットを機械に通すと、カード端末から3組綴りの紙というものが出されるためこの明細の中のどの明細をお客さんに渡すのかわかりにくいということがあります。3枚1組の紙の正体とは・・・上記の複数枚のレシートの正体とははどういうものなのかというと、下のようになります。1客に渡さなければいけない明細。2店舗で保管する明細。3クレジットカード会社控え用明細レシート(記名する紙)。通常であれば例外なくお客様へ渡すべき使用明細の方を受け取るのだがたまに、違う明細の方をカード利用者へ間違って渡してしまうというパターンの他、記名された側のレシートを渡してしまういう事例などもあります。このパターンはバイト店員などや、普段からクレカというものが使われることの少ない店の会計においてカードを使おうとすると、そういった担当者の困った姿が見れると思います。(笑)。いつの日かレジ担当者が違う使用レシートを渡した時には冷静に「間違ってますよ」などと正してみてはいかがでしょうか。